「ジャカルタ国際空港史(17)」(2013年03月29日)

政府は西ジャワ州カラワン県に新大型国際空港を設ける企画を整え、そのフィーシビリテ
ィスタディは2013年1月はじめに完了した。あとは場所の指定を待つばかりとなって
いる。候補地としてカラワン県内の5ヶ所が挙がっているが、検討の中では県北部の海岸
に近い地区が最有力と見られている。たまたま首都の海運貨物の門戸であるタンジュンプ
リウッ港も貨物という違いはあるもののスカルノハッタ空港と似たような状況に陥ってお
り、タンジュンプリウッの貨物物流を分担するための大型海港建設プログラムが既に確定
している。この海港はジャカルタからおよそ百キロ離れた西ジャワ州カラワン県チラマヤ
の海岸部が指定されており、新空港をそこへ隣接させれば鉄道や道路などの交通インフラ


                 「ジャカルタ国際空港史」の全編は

              ⇒ こちら
   でお読みいただけます。