「pungkirは幽霊語」(2018年04月13日)

2015年6月11日付けコンパス紙への投書"Dipungkiri dan Dimungkiri"から
拝啓、編集部殿。「dipungkiri」であっても「dimungkiri」であっても、ひとは誰でもそ
れを同じ意味で理解します。しかし忘れてならないのは、言葉というのは単に理解される
かどうか、約定が確定されるかどうか、といったことがらだけのものではないということ
です。できるかぎり法則に従うという関りも言葉にはあるのです。わたしがここで問いた
いのは、それらの基語がpungkirなのかmungkirなのかということです。

mungkirであるなら、それに接辞me-iが付いた場合にmemungkiriとなるのは明らかです。
それどころか、基語がpungkirだと考えているひとたちですら、mempungkiriという形を使
おうとしません。ところが接辞di-iが付けられたとき、一部の人はdipungkiriを使い、他
の人はdimungkiriを使っています。

dipungkiriを使うひとは基語がpungkirだと考えています。かれらはKPST法則に囚わ
れていて、基語の頭字がk−p−s−tの語に接頭辞me-, pe-が付くとその頭字が別の音
に変化する決まりに従おうとします。その結果pungkirの/p/が/m/に変化して、memungkiri
という形になるのです。一方、接辞di-iが付く場合はその変化が起こらないので、dipung-
kiriという形が使われます。ところがインドネシア語にpungkirという言葉はないのです。

どうしてか?そのテーゼを支える大きい理由がふたつあります。まずKBBIがpungkir
という語の使用を勧めていません。KBBIのpungkirの項目には→mungkirとだけ示され
ています。この辞書の解説には、→の左にある語は使用が勧められていないと記されてお
り、われわれはその使用を避けなければなりません。

もうひとつは、語源学的にmungkirの語がアラビア語の名詞munkirに由来していることで
す。その語はankaro-yunkiru-inkar-munkirの語形成パターンから生じているもので、taj-
wid ikhfaのためにmunkirの語は声門閉鎖音が加えられてmungkirと変化しました。それが
インドネシア語の中に吸収されて、動詞の単語のひとつとなっているのです。そのふたつ
の理由から、われわれはmungkir-memungkiri-dimunkiriのパターンを使用するべきだと考
えます。mungkirは頭字が/m/であるため、どんな接頭辞が付こうとも、語形変化は起こり
ません。dimiliki, dimasuki, diminumiなどと同様であって、dipiliki, dipasuki, dipi-
numiなどという形になることはありえません。dipukuli, dipakai, dipanahiなどの基語
の頭字が/p/である語とは違っています。頭字が/p/である場合にk−p−s−t法則の適
用対象のひとつとなるのですから。

であるにもかかわらず、まだ大勢の話者そして筆者がpungkirを基語だと思い込んでいま
す。おかげでdipungkiriという語をわれわれはあちらこちらで目にする始末です。201
5年5月9日付けコンパス紙のバハサ欄に掲載された「Pentil」と題するアンドレ・モラ
ン氏の寄稿にさえ、出現しているのです。