「南往き街道(41)」(2018年08月03日)

1847年10月2日、オランダ政庁はチブブルの土地を没収した。広大な水田・水牛・
馬そして言うまでもなく地主のカントリーハウスも含まれる。家具類一切から他の資産ま
ですべてが没収された。その被害者になったのが誰だったのかはよくわからない。

政府が資産を没収すると、しばらくしてから競売に付される。コンセッションと呼ばれる
土地の使用権の貸与である。チブブルの土地の公開競売がいつ行われたのかはわからない
が、そのころタンジュンオーストの地主だったアメント家が最高値を付けたにちがいない。
結局チブブル地区はアメント家の手に落ちた。

アメント家がこのメステル・コルネリスの南部に広がる広大なエリアの地主となった経緯
は次のようなことだったようだ。これから述べるストーリーは新たに得た情報であり、先
に述べてあるタンジュンオーストの由来に関する話とはいささか趣が異なっている。こち
らの方が史実として整然としている印象が濃いため、既出の話と不一致な部分が出てくる
だろうが、お赦し願いたい。


この一族は元々チルボンで製糖業を営んでいた。シェリボンセサイカー(Cheribonsche 
suiker = チルボン砂糖) という屋号で成功していた家系らしい。1821年にアメント
家の当主ハルメン・ティーデン・アメント(Harmen Tieden Ament)がタンジュンオース
トの地主であるダニエル・コルネリス・ファン・リームスデイク(Daniel Cornelis van 
Riemsdijk)から15万ルピアで購入した。

ハルメン・ティーデン・アメントは息子のチャリン・アメント(Tjalling Ament)にタンジ
ュンオーストの経営を委ねた。1801年生まれのチャリン・アメントは先に華人女性チ
ョア・ジューニオと結婚して一女をもうけていたが、1826年にリームスデイク家の娘
ディナ・コルネリア(Dina Cornelia van Riemsdijk)と再婚した。そのときジューニオが
亡くなっていたのか離縁されたのかは判然としない。ディナはそのとき19歳だった。

チャリンとディナの間に1827年、長男のダニエル・コルネリス・アメント(Daniel 
Cornelis Ament) が生まれた。かれが成人するとタンジュンオーストのカントリーハウス
では世代交代が行われて、ダニエル・コルネリスが父親の後を継ぐ。[ 続く ]