03月のヘッドライン


2017年03月31日
航空機メーカーPTディルガンタラインドネシアがフランスのエアバスヘリコプター社から受注したH225型機のテイルブームとフィースラージ各125基の納入を開始。3週間と10週間が1基あたりの生産日数とのこと
チャンディボロブドゥルの保全のために、一度に建造物に登る人数の制限が必要だと教育文化省博物館遺跡保存局長が発言。最適人数は138人で、せいぜい150人まで、1セッション1〜1.5時間にして回転させる方式を提言
中部ジャワから西ジャワにかけて、広域で軽トラックを専門に強奪していた三人組がチラチャップ警察に逮捕された。33・43・28歳の三人組は銃で運転者を脅し、29台を奪って一台5〜6百万ルピアで故買屋に売り払っていた


2017年03月30日
ビデオゲーム国内市場は8.4億米ドル規模。その65%が移動通信機器によるダウンロード。最低150万ルピアで入手できるスマホが最大シェア。国産ゲームは少しずつ興隆しているが、制作面で人材不足だとオブザーバー
ノンキャッシュ取引の振興とジャボデタベッ地区自動車道の料金所における渋滞発生軽減対策として、公共事業国民住宅省は地区内の全自動車道ゲートにおける料金支払いをカード方式に全面変更する計画。年内に大臣規則が出される予定
パプア州ジャヤプラ漁民の捕獲したツナ解体肉が毎月2百トンほど、北スラウェシ州ビトゥン港経由で日本に送られている。1千8百人のジャヤプラ漁民が毎日10〜60キロのツナを捕獲して来る由


2017年03月29日
17年1月末の対外債務は3,203億米ドルで、対前年同月比3.4%増。民間分は1,590億で4.3%減。公共分は1,612億で12.4%の増加
169ヵ国国民に対して与えたビザフリー観光入国制度の見直しを政府が開始。国別入国者トップスリーは中国・シンガポール・オーストラリアだが、中国人をメインに入国許可違反が増加。17年は3月18日までの入国拒否件数が226
ランプン州ワイカナン県タンジュンガジャサクティ村で20歳の高校生が13歳のマドラサツァナウィヤ女生徒に塩酸を振りかけた。男は被害者少女の元パチャルで、怨恨が動機とのこと


2017年03月27日
三ヵ月ごとに市場小売価格の見直しが行われているプレミウムガソリンとソラル軽油の17年4月1日からの価格は据え置きと発表された。16年の利益残がまだ1.8兆ルピアあるというのがその理由
ロンボッ島南部地域の観光開発が盛り上がっている昨今、住民からオンブズマンへの違法行為の訴えが増加。16年の届出160件中77件が地元民の名を借りた外国人の土地購入で、ホテル・ビラ・レストランなどの観光ビジネスを個人で行うためのもの
東ヌサトゥンガラ州では、1,2,5百ルピアコインを嫌う住民が多い。ジャワにある、小銭をもらう私設交通整理屋や寄付金集めなどのような小銭の需要がここにはなく、ただ重いばかりだ、というのが小銭嫌いの理由である由


2017年03月24日
アントレプルヌールが国民の1.7%から3.1%に増加。タイの4%、マレーシアの5%にもう一押しというところ
未成年喫煙者は8.8%に増加。5〜9歳ブラケットは1.5%から1.9%に増加。タバコ産業界の子供女性ターゲット作戦に乗せられないようにしようとのキャンペーンをよそに、業界の作戦は大成功の観
人口3百万人のスラバヤ市で、毎日平均3件の路上犯罪が起こっている。犯罪の種別は四輪二輪自動車盗難がトップで、強盗とひったくりがそれに続く


2017年03月23日
中部ジャワ州ボヨラリ・ジュパラ・グロボガン・大ソロ地区の新規工場が雇用需要を増大させている。従来の新規雇用年間2千人は3千人にアップする見込みだが、それ以上の需要に見合う人材が不足しており、供給不足が起こりそう
大学で物理学や化学を学んでいる大学生がラディカル化される傾向が高い。過激派グループに参加している者の中にその現象がみられると国家警察長官が表明。理由は述べられていない
17年3月22日午前7時10分にバリ島南部地区を6.4RSの地震が襲う。強い振動が5秒間続く稀な激しさで、震源はバリ島最南部のプラマスカから4kmほど沖合の海底117km。被害はバンリ県のプラ3軒や役所などで軽い損害が報告されている


2017年03月22日
17年1〜2月の国税総局税収は134.6兆ルピアで、年間目標1,307.7兆の一割。前年同期実績からは8.2%アップしているが、19%増えなければ年間目標をクリヤーできない
2016年インターネット利用者は総人口の52%にあたる1億3,270万人で、65%がジャワ島住民。9千3百万人ばモバイル機器でアクセスしており、ケーブルインフラの困難さから、今後無線方式利用者は更に増加すると見られている
ナルコバシンジケートが各地の空港でカーゴ職員を抱き込んでおり、輸入貨物のX線透視を避けた上、ジャカルタへの転送のケアまで抱き込まれた職員が動いている。バリのグラライ空港でも


2017年03月21日
都知事選第2ラウンド投票目指して選挙キャンペーンが活発化している最中、非現職候補を支持する宗教がらみのブラックキャンペーンが露骨化。非現職候補に投票する一筆を入れなければ、埋葬前にモスクで行う礼拝をさせないという動きさえ
南スマトラ州ラハッ県タンジュンブリギン村にある行楽地ブキッブサールにキャンプに来た16歳の職業高校生7人が丘に登ってテントを張ったところ大雨に襲われ、三人が雨に打たれてテントを直しているとき落雷に遭い、三人は死亡。テント内の4人は軽傷
バリ島パダンバイ港とロンボッ島レンバル港間フェリーのバリ島側で、車両を乗降させる可動ブリッジ2基のひとつが故障。フェリー運航サイクルが通常の1.5時間置きから2時間置きに延ばされ、順番待ち車両が1キロを越えている


2017年03月20日
2017年2月末の外貨準備高は1,199億米ドルで、前月末から30億ドル上昇。税収と石油ガス売上代金の他に政府の外国借入と外貨建て中銀債の収入がある
都知事選第2ラウンド投票日は17年4月19日(水)で、この日はジャカルタ都民の休日になる予定。追って都知事規則が出されることになる
南ジャカルタ市ブロッケムスクエアで17年3月17日12時45分ごろ、7階のムソラで金曜礼拝が終わったあと、礼拝者がリフトに殺到。重量過剰を無視して30数人が無理に入ったためリフトが墜落し、25人の怪我人が出た


2017年03月17日
2017年1月の全国海運旅客数は125.1万人で累計125.1万人、対前年同期比21.5%減。主要港での累計数最高はマカッサルの2.9万人、二位はスラバヤの1.7万人
バタム島内の電力供給はPLNでない民間電力会社4社が行っており、一般家庭向けが1社、残る3社は産業向けで、料金は知事が決めている。一般家庭向けに4割を超える値上げが計画されたため、住民が州庁と州議会に抗議デモ
ヨグヤカルタ〜ソロ自動車専用道全長40.5キロは土地収用を軽減させるために高架道路にする計画を自動車専用道路統制庁が公表。これはチルニからチラチャップを経由してソロに至る自動車専用道の一部となる


2017年03月16日
2017年1月鉄道乗車旅客数はジャワ島3,036万人。累計は3,036万人で対前年同期比8.9%増。スマトラ島の1月は59.0万人、累計59.0万人で対前年同期比25.0%増
クリエ―ティブ経済庁が国産コーヒーの普及振興に注力。輸出振興と同時に国内消費も高める方針で、既に4百人のバリスタ資格認定に尽力し、17年は1千人の追加を目標。またジャカルタにカフェが1千6百店営業しており、それを全国諸都市に拡大させていく計画
17年3月14日は全国で地震大揺れの一日。8時51分にデンパサル東南でM3.1、アチェのサバン沖で9時51分にM5.9、中部ジャワのジュパラ沖で11時36分にM4.8、12時55分に中部スラウェシのトリトリ沖でM5.4、16時13分にパプアのプンチャッジャヤ北西でM4.8、アチェのシムル沖で20時13分にM5.2


2017年03月15日
2017年1月航空機搭乗旅客数国内線は727.4万人、累計727.4万人で対前年同期比15.0%増。空港別累計トップはスカルノハッタ170.5万人、二位ジュアンダ67.2万人
2016年の病死者数トップは心臓系の651万人、次いで腎不全212万人、三位ガン131万人、そして卒中84万人、サラセミア12.2万人、肝炎・肝硬変11.9万人
2016年にイミグレーション東ジャワ州事務所が捕らえた不法外国人は403人で、176人が国外追放された。就労許可を持つ外国人は州内に1,574人おり、572人は工場の専門職、494人は経営管理者、253人が教育分野、107人は保健分野、121人調理分野、27人が宗教分野等の専門家


2017年03月14日
2017年1月航空機搭乗旅客数国際線は134.4万人、累計134.4万人で対前年同期比9.3%増。空港別累計トップはスカルノハッタの57.9万人、二位グラライ46.6万人
インドネシアの15歳超の喫煙者人口は7千万人で、かれらがタバコ購入に費やす金は一日6千億ルピアを超えている
17年3月11日午前1時45分ごろ、東ジャワ州ジュンブル県スルタンアグン通りにあるモールの前で二輪と四輪の喧嘩があり、四輪に乗ったふたりのうちひとりが至近距離から拳銃を発射。銃弾は顎から頭を貫通して二輪ライダーを即死させた。そこへ来るまでに路上でいざこざがあった模様


2017年03月13日
27大観光先州における星級ホテルの2017年1月宿泊客平均滞在日数は1.94日で、外国人2.84日、イ_ア人1.77日という内訳。最長はバリの2.88日で、外国人3.09日、イ_ア人2.43日。外国人の最大連泊は東カリマンタン4.60日、イ_ア人はリアウ島嶼州2.52日
バリ島の外貨両替商は611店あり、その7割はバドゥン県・ギアニャル県・デンパサル市にある。バリ島内の年間両替金額は2016年に31兆ルピアに達した。前年から5.4%の増加
医師の都市部集中問題を抱えるインドネシアで、専門医に地方部勤務を義務付ける2017年大統領規則第4号が今年から施行される。今年は355人を辺境の専門医不在地区に駐在させる計画


2017年03月10日
27大観光先州における星級ホテルの2017年1月客室稼働率は全国平均で50.9%。州別トップはブンクル63.3%、二位バリ59.61%、三位ランプン59.57%。最低は東南スラウェシ33.5%、ゴロンタロ34,2%
ジャワ島の物資輸送大動脈である北岸街道の道路破損が激しく、トラック輸送効率と故障の影響でロジスティックコストが大幅増。商品コストにそれが上乗せされるため、商品の中にはコストが5割増しになっているものもある
カリマンタン島ボルネオ側から密輸入されたと見られる中古品ポルシェカレラ2台が大型トラックに積まれたゴムの切りくずの下から発見され、西カリマンタン州警が押収。ポンティアナッ港からチレボン港に船積みし、買主がチレボンで受け取ってから首都圏に運ぶ予定だった由


2017年03月09日
2017年1月の全国入国ポイントにおける外国人入国者数は93.1万人。当年累計93.1万人で対前年同期比は26.5%のアップ。通常入国者のポイント別累計トップはグラライの45.3万人、二位スカルノハッタ18.9万人、三位バタム12.97万人
17年2月末までにタックスアムネスティに参加した国民は68.3万人で、届け出られた隠し資産総額はGDPの34%相当の4,414兆ルピアにのぼった。他の諸国では10%未満だったとしてインドネシアの大成功を讃する者がいる
17年3月3日6時20分マカッサル発ジャカルタ行GA611便の出発が12時20分になった。原因は乗客の爆弾冗談のために機内と積荷が再チェックされたため。その非常識乗客は51歳の博士号を持つマカッサル大学教官


2017年03月08日
2017年1月の輸入総額は119.9億ドル。当年累計119.9億ドルは対前年同期比4.9%減。内訳は原材料補助材が906.5億ドル、消費物資100.5億ドル、残りは資本財。国別輸入先累計は一位から順に中国、日本、タイ、アメリカ、シンガポール
デモグラフィボーナスが終わる2030年に60歳超の老年世代はインドネシア人の7人中ひとりを占める。2016年の老年人口2,260万人は2030年に4,100万人となる見込み
アチェ東部海岸にマレーシアからナルコバが陸揚げされるとの情報で国家麻薬庁が出動し、メダン〜ビンジャイ街道で4台の不審なコンボイを追跡。コンボイが逃走しようとしたため、麻薬庁捜査員の警告発砲を契機に銃撃戦。容疑者コンボイの2台はハチの巣にされ、ひとりが死亡、10人逮捕


2017年03月07日
2017年1月の輸出総額は133.8億ドル。当年累計133.8億ドルで対前年同期比27.7%増。国別累計では1位から順に中国、アメリカ、インド、日本、マレーシア
インドネシアの家具輸出は顕著に低下。16年の家具セクター輸出総額は16億米ドルで対前年比16%ダウン。総輸出高は1,444億米ドルで4%低下しているだけ。注文は価格差のためにベトナムにシフトしており、国内家具生産者の中にもベトナムへ移転したところがある
バリ島キンタマニでの心中事件に続いて、ブレレン県テジャクラで親子4人の一家心中。バリ島内では今年既に21人が自殺で世を去っている


2017年03月06日
中央統計庁発表の月次経済統計。2017年2月のインフレ率は0.23%。当年累計1.21%、YOYは3.83%。当月のインフレ率の大きいカテゴリーは住宅・水・電気・ガス・燃料、衣料品。食材にデフレ
米国商工会議所グローバル知的財産センターが発表している国別知的財産インデックスで、インドネシアは45ヵ国中の39位。その45ヵ国は世界GDPの9割を占めている
バンドン市が17年3月1日からゴミを定められた場所に捨てない者に対して5百万ルピアの罰金を科す政策を開始。自宅の表や自家用車内にゴミ箱を設けない者は罰金25万ルピア。不法ゴミ捨ての処罰は市民であるかないかを問わない


2017年03月03日
インドネシアの携帯電話機普及台数は2.5億台を超えていて、そのうち25%は毎年買い替えが必要。国内販売台数の9割が合法非合法の輸入品で占められ、その6割弱がスマホ。輸入者協会の16年輸入総数データは9千万台だった
みんなのための正義財団の10億ルピア超の送金先はトルコのヒューマニズム支援機関だが、その機関のシリア支部はISIS寄りであるとの情報が流れている
自動車専用道での交通渋滞を少しでも減らすため、ジャカルタ〜タングランのカラントゥガ料金所とジャカルタ〜チカンペッのチブブルウタマ料金所を2017年4月に廃止すると運輸大臣が表明


2017年03月02日
2017年1月末の外貨準備高は1,169億米ドルで、前月末の1,164億から増加。17年1月のルピアレートは13,352ルピア/米ドル
2016年11月4日と12月2日に行われたイスラム平和大集会デモをオーガナイズしたインドネシアウラマ評議会ファトワ護衛国民運動の資金を募っていたみんなのための正義財団が、集まった資金を全額使わず、トルコに送金していた、と国家警察が公表
北スマトラ州トバ湖への空の便の拠点である北タパヌリ県シラギッ空港が、17年9月に国際空港になる計画。ガルーダ航空が国際線運航をコミット


2017年03月01日
過去10年間に労働人口がもっとも増加したのは民衆・社会・個人サービスセクター(いわゆるインフォーマルセクター)の810万人、次いで商業セクター747万人、製造セクター365万人、農業セクターはマイナス237万人
普段から一般人の不法金鉱石採掘が頻発している中部カリマンタン州パランカラヤのルガン川岸で、採掘を行っていた3人の中国人が外人監視チームに逮捕された。3人は観光入国しており、また地元民と顔なじみらしく、地元民仲介者からの事情聴取が行われている
スンバ島南西スンバ県のコーヒー栽培面積は11,500Haで生産量はHa当たり3トン。ロブスタ種がほとんどで、ドリアンの木の間に植えられており、コーヒーにはドリアンのようなコクがある。生産量が少ないため他地方にあまり出回っていない