08月のヘッドライン


2017年08月23日
2017年6月の全国海運旅客数は152.6万人で累計773.4万人、対前年同期比3.6%増。主要港での累計数最高はマカッサルの14.9万人、二位はスラバヤの8.5万人
国民健康保障制度が開始されて以来、40〜44歳国民の入院患者比率は1千人中の15.6人から23.9人に増加。15〜19歳国民は19.41人から23.48人にアップ
2017年犠牲祭の家畜需要は143.2万頭だと農業省畜産動物保健総局長が表明。牛44万頭、水牛9.9千頭、ヤギ75.5万頭、羊22.7万頭がその内訳で、昨年実績から10%のアップ


2017年08月22日
2017年6月鉄道乗車旅客数はジャワ島3,018万人。累計は1億8,643万人で対前年同期比8.5%増。スマトラ島の6月は54.2万人、累計335.1万人で対前年同期比20.7%増
中銀が進めているノンキャッシュ推進政策を協賛して、バリ州でもカード支払いの便宜を向上させる方針。中でも特に、観光地の入場券販売にカードでの受付を広げていく予定で、入場券売場で発生していた不法徴集金が抑止できる、と行政は効果を期待している
老齢者バンドン市民は194,197人が登録されている。週末には市庁の音頭で老齢者の運動活動が行われており、市庁は老齢者の介護のために2千人のボランティアをリクルートした


2017年08月21日
2017年6月航空機搭乗旅客数国内線は697.6万人、累計4,153万人で対前年同期比10.2%増。空港別累計トップはスカルノハッタ1,034万人、二位ジュアンダ360.6万人
税収高は個人所得税が最大で、付加価値税、法人所得税と続くのが順当なパターンだが、インドネシアはその逆で、法人所得税>付加価値税>個人所得税の順。おまけに個人所得税の91%は源泉徴収されたものが占めている
都庁は5百万ルピアまでの土地建物税納税がミニマーケットのインドマルッでできるようにした。納税者は現金もしくはデビットカードで支払いを行うことができる


2017年08月18日
2017年6月航空機搭乗旅客数国際線は133.7万人、累計805.5万人で対前年同期比13.5%増。空港別累計トップはスカルノハッタの359.9万人、二位グラライ272.9万人
現在560人の国会議員は議事堂敷地内のヌサンタラ第1ビル3〜23階にひとり4x6mの執務室を与えられている。執務室は4x4mの議員個室と4x2mのスペースに分けられ、狭いスペースに秘書や数人の専門家アシスタントが詰めており、狭すぎるとしてビルの建替えが決議された。国費は国民のために使ってほしい、と諸方面から批判
自動車専用道のノンキャッシュ化推進の決定打として、カードリフィル設備を増やすだけでなく、政府は割引を与えることを決定した。17年8月17日から9月30日まで、カード購入者はカードの代金が半額になる。自動車道通行料金はディスカウントなし


2017年08月16日
27大観光先州における星級ホテルの2017年6月宿泊客平均滞在日数は1.92日で、外国人2.97日、イ_ア人1.73日という内訳。最長はバリの3.04日で、外国人3.24日、イ_ア人2.54日。外国人の最大連泊はブンクル6.84日、イ_ア人はパプア2.88日
ジャゴラウィ自動車道は現在の距離に応じた料金制を単一料金に変更することを決めた。出口で種々の金額を取り扱うのをやめ、出口では停車なしにそのまま出て行くようにさせることで、自動車道内での車列形成が回避される
南ジャカルタ市アンペラ通りの国立公文書館が17年8月11〜27日の期間、モールスナヤンシティでインドネシア独立と建設の足跡を示すカラーと白黒の写真26枚の展示会を実施中


2017年08月15日
27大観光先州における星級ホテルの2017年6月客室稼働率は全国平均で51.0%。州別トップはバリ66.7%、二位北スラウェシ61.97%、三位西パプア59.9%。
最低は北カリマンタンと西スラウェシが同率で26.1%
鉄道路線ジャワ島南ルートの複線化プロジェクトがプルウォクルト〜クロヤ、クロヤ〜クトアルジョ、ソロ〜クドゥンバンテンで進行中。稼働開始は2019年の予定
中央ジャカルタ市バンテン広場(Lapangan Banteng)で毎年恒例のフローラファウナ市(Pameran Flora dan Fauna 2017)が8月21日まで開催中。この展示即売会では、植物の種や鉢植えからペット動物まで、購入できる


2017年08月14日
2017年6月の全国入国ポイントにおける外国人入国者数は112.9万人。当年累計647.8万人で対前年同期比は22.4%のアップ。通常入国者のポイント別累計トップはグラライの278.8万人、二位スカルノハッタ116.3万人、三位バタム72.4万人
2017年Q2の投資高は5.35%の伸び率を示して2013年以来の同期最高を記録したものの、投資内容は資本集約型に集中しており、雇用計画は34.5万人。2013年Q2と比較すると、金額は1.7倍だが雇用はほぼ半減
西カリマンタン州サンガウ県エンティコン郡パラパサン村の国境線を超えてマレーシアのホテルボルネオ所有ゴルフ場が作られていたことが判明。国境を示す標識杭はゴルフ場の真っただ中にある


2017年08月11日
2017年6月の輸入総額は100.1億ドル。当年累計723.3億ドルは対前年同期比9.6%増。内訳は原材料補助材が546.5億ドル、消費物資67.9億ドル、残りは資本財。国別輸入先累計は一位から順に中国、日本、タイ、アメリカ、シンガポール、韓国
ガルーダ航空子会社のPTガルーダメンテナンスファシリティアエロアシア(GMF)は現在世界航空機整備会社のトップ13位に着いており、アジア域内では第5位でアセアンでは第3位。国内市場では32%シェアを握って国内業界のトップ
トランスジャカルタバス第13コリドーの営業開始は17年8月13日から。運行は当面5時〜19時で、照明が完備されれば、22時まで延長される


2017年08月10日
2017年6月の輸出総額は116.4億ドル。当年累計799.6億ドルで対前年同期比14.0%増。国別累計では1位から順に中国、アメリカ、インド、日本、シンガポール
ルピア価額の下三桁を削るデノミ法案の年内成立を蔵相と中銀総裁が大統領に提案。近々に閣議を開いて政府部内の意思を統一させ、速やかに国会に諮ってほしいとの要請に、ジョコウィ大統領が賛同
都庁はスディルマン通り南端の青年の像からブンドゥガンヒリルまでとブンドゥガンヒリルからタムリン通り北詰のアルジュナが乗った8頭立ての馬車の像までと、ガトッスブロト通りのホテルカルティカチャンドラからスナヤンのタマンリアまでの歩道を9メートル幅に広げる計画


2017年08月09日
中央統計庁発表の月次経済統計。2017年7月のインフレ率は0.22%。当年累計2.60%、YOYは3.88%。当月のインフレ率の大きいカテゴリーは教育・レク・スポーツ、飲食品タバコ。交通・通信・金融サービスにデフレ
全国電力生産はkWh当たりのコストがここ三年、低下傾向を見せている。2014年1,296.73ルピア、15年920.22ルピア、16年856.23ルピアが実績値で、鉱エネ相は今後の電力料金値上げを停止し、できれば値下げを行いたいと表明
ジャカルタ〜バンドン高速鉄道建設プロジェクトに関する契約内容が運輸省と受注者PT KCIC間で変更される。建設工事期間を含んでいた50年BOTコンセッション期間から工事期間が除かれ、工事完成後の評価における両者の義務が新たに盛り込まれる


2017年08月08日
国税のための財務情報アクセスに関する2017年法律代用政令第1号が国会審査委員会を通過し、総会で法律として成立することになった。銀行界は残高10億ルピアを超える顧客の口座内容の報告義務が負わされる。対象口座は49.7万件で、金額は総額の64%にのぼる
国債利回り率が低下傾向。ルピア建て十年ものは16年12月の7.91%から17年7月は6.9%に、ユーロ建て十年ものは4.4%から3.85%に、ユーロ建て三十年ものは5.3%から4.75%にダウン
南ジャカルタ市トゥブッ駅でトランスジャカルタフィーダーバスを主体にした公共路線バスとの連絡向上を狙ったレイアウト改善が行われた結果、同駅の鉄道利用者は以前の2万5千人/日から3万7千人に激増。国鉄ジャボデタベッコミュータラインは続いてこの方式を17駅に展開する方針


2017年08月07日
国境地帯での隣国通貨をはじめとする外貨流通を阻止する中銀方針「BIジャンカウ」の実施によって、ティモールレステ国境の町モタアインではマンディリ銀行が外貨交換業務を行っているが、ティモールレステ側から持ち込まれる外貨のルピア化のみが行われ、ルピアから外貨への交換は隣国でどうぞとの弁
2017年のボゴール宮殿一般開放は7月25〜28日実施された。4日間の入場者は14,580人。ジョコウィ大統領一家が住んでいるため、見学できる場所は制限されており、またスマホやタブレットは持込禁止になっている
パレンバンから25歳の運び屋が持ち込んで27歳の売人に渡した約9千6百錠のエクスタシーをバリ州麻薬庁が焼却処分。ふたりはバリ島内クタ地区で逮捕されている


2017年08月04日
2017年5月の全国海運旅客数は131.8万人で累計620.8万人、対前年同期比1.5%増。主要港での累計数最高はマカッサルの11.0万人、二位はスラバヤの8.2万人
ソーシャルメディア「インスタグラム」の利用者は2016年初の2.2千万人から17年7月には4.5千万人に達し、インドネシアが東南アジアの最大市場になっている
バンドン市内のアパルトメンゲートウエイ5A階から34歳と28歳の姉妹が投身自殺。11年前に母親が没してからふたりは精神的に障害を受けており、17年7月24日17時ごろ、衆人環視の中で制止や悲鳴の声を無視して決行した。17年バンドンでのアパート高層階からの事件はこれが二度目


2017年08月03日
2017年5月鉄道乗車旅客数はジャワ島3,316万人。累計は1億5,290万人で対前年同期比9.0%増。スマトラ島の5月は58.8万人、累計280.9万人で対前年同期比19.7%増
2016年以降の食塩生産が不足し、不足分を補うためのガラム社の輸入が延期されたことから国内市場で食卓塩が供給不足になっており、地方によっては3〜4倍に値上がりしている
北スラウェシ州原住民であるミナハサ族のサブ種族であるバンティッ(Bantik)、トウンサワン(Tounsawang)、トウテンボアン(Toutemboan)、パサンラタハン(Pasan Ratahan)の四地方語の辞書を北スラウェシ芸術文化研究財団が出版。次はトロウルミナハサ(Tolour Minahasa)語、ボラアンモゴンドウ(Bolaang Mongondow)語、タラウド(Talaud)語が計画されている


2017年08月02日
2017年5月航空機搭乗旅客数国内線は723.9万人、累計3,455万人で対前年同期比9.8%増。空港別累計トップはスカルノハッタ854.9万人、二位ジュアンダ306.6万人
7月の中銀総裁会議で指標金利率の据え置きが決定された。7日リバースレポレート4.75%、消費者向け預金金利率4%と貸付金利率5.5%。また2017年6月中銀外貨交換レート平均値は13,298ルピア/米ドルで前月から0.2%アップ
バンドン市で17年8月3日から7日まで、フィラテリー国際連盟主催の国際大会が開催され、60の加盟国が参加する一大行事になる。またそれを記念して、ワヤンキャラクター「チュポッ」の重ね刷りした観光地シリーズ記念切手2千シートも販売予定