10月のヘッドライン


2017年10月31日
バタム島で操業している企業の事業休止や撤退が続いている。17年上半期の事業休止企業数は53社。16年以降では62社になる。15年の一年間では54社あった
チカンペッからチレボンに向かうチコポ〜パリマナン自動車道の通行料金が17年10月30日0時から値上げ。平均6.4%の値上げ率
マレーシア航空がKL〜スラバヤ間直行航路を開設し、17年10月29日から運航をスタートした。12月からデイリーフライトになるが、それまで週4便のスケジュール


2017年10月30日
2017年9月末の外貨準備高は1,294億米ドルで前月末から6億の増加。9月のルピア平均レートは13,307/米ドルで0.27%の上昇率
医師の州別分布で住民人口10万人あたりの比率が最低のグループは、東西ヌサトゥンガラ、マルク、北マルク、西パプア、パプア、ゴロンタロ
西ジャワ州スカブミ県プラブハンラトゥから海岸沿いに約20km南に下ったチルトゥ(Ciletuh)ジオパークが、2018年9月にユネスコグローバルジオパークに指定される予定


2017年10月27日
2017年9月に引き下げられた指標金利率の据え置きを中銀総裁会議が決定。7日リバースレポレート4.25%、消費者向け預金金利率3.5%と貸付金利率5.0%。しかし市場の実態は、貸付金利率平均値は12.6%との世銀データ
医師の州別分布で全国最大はジャカルタ。住民人口10万人あたりの比率は一般医が170.3、専門医は70.6。次いで比率の高い州はヨグヤカルタ特別州、バリ州
一般車両に搭載が禁止されている回転灯とサイレンを使って路上で他の車両を押しのけて走行している車に対する手入れを首都警察が管区内で実施し、307台を違反として摘発した。地区別の最大は中央ジャカルタ市で60台


2017年10月26日
政府は2018年にタバコ税(cukai rokok)を平均10.04%値上げすることを決めた。国庫収入・違法タバコ(脱税)問題・国民の健康・原料生産農家・製品生産工場の雇用労働者などの諸要素を検討した上での値上げ幅決定とのこと
2004年に初参加したワールドスキルズコンペティションでインドネシアは35/37位だったが、その後毎回ランクアップして2015年には12/55になった。2017年のアブダビ大会では12/59で、東南アジア参加国のトップ
医師の州別分布は大きく爬行。住民人口10万人あたりの全国平均値は一般医だと45.2、専門医は13.6で、平均値を下回る州は一般医が23州、専門医は26州


2017年10月25日
コンパス紙が行っている現正副大統領に対する国民の満足度調査で、2017年10月には過去最高の70.8%が記録された。最初の15年1月は65.1%、過去最低は15年4月の53.8%。16年4月以降は毎回60%台
ダエシュ東南アジア支部のトップが死亡したことで、ミンダナオからインドネシアへのテロリスト潜入、イ_アからミ_オへのテロリスト潜入、ミ_オへ行けないテロリストの国内テロ活発化といった変化を諸方面が予測。いずれもダエシュ東南アジア支部をインドネシア人が握るための行動
全国の病院数2,609カ所に必要とされている医師の数は、医療従事者最低人数基準によれば421,300人。しかし実態は354,153人しか勤務していない


2017年10月24日
2016年3月の東ジャワ州県市別住民貧困者率最高はサンパン県24%(23万人)次いでバンカラン県21%(21万人)。最低はマラン市4.3%(3.7万人)次いでバトゥ市4.5%(9千人)
2017年1〜9月二輪自動車生産者国内販売台数累計は4,340,252台で、前年同期実績の4,351,397台に僅差。年間販売目標は最初の620万台から二度引き下げられて575万台になっており、業界はクリヤー可能と見ている
今や東ジャワ州イジェン高原を訪れる観光客は一日1千人で、昨年の大晦日には6千人が訪れた由。バリ島アグン山の警戒警報でバリ島来訪者が減少しており、バリから東ジャワに流れる観光客も一日250人程度減少しているとのこと


2017年10月23日
2017年3月の東ジャワ州人口4千万人中で貧困者は461万人。貧困ラインは一人当たり月間32万2千ルピア
2017年1〜9月四輪自動車生産者販売台数累計は804,167台で、前年同期実績782,841台を上回っている。年間目標110万台はクリヤーできるだろう、とガイキンド。16年の年間実績は1,061,859台
グヌンアグンの噴火警報で住民の退避が長引いており、バリ島名産サラッ(salak)の実の収穫量が激減。しかも避難所に貯蔵できないため、収穫した農民は安売りしており、相場のキロ7千ルピアが5千まで下がっている


2017年10月20日
都知事選で三候補を支持した政党の都議会議席割りは、ユドヨノ支持が4党で28議席、アホッ支持も4党で52議席、アニス支持は2党で26議席。国政への登竜門と化した都政に新都知事を迎えて、都議会における政党合戦は千変万化するか?
インドネシア市場でオンライン方式の営業をしている外国系旅行代理店に課税するよう、全国ホテルレストラン会が国税総局に提言。BUT認定すれば課税できるではないか、とのアドバイス
自動車専用道料金支払い完全ノンキャッシュ化のために自動車専用道事業庁は銀行界の用意するキャッシュレスカードのカード代金2万ルピアを無料化。クオータの150万枚がなくなるまで続けられる由。販売場所は自動車道料金所


2017年10月19日
2017年8月の全国海運旅客数は160.7万人で累計1,115万人、対前年同期比8.0%増。主要港での累計数最高はスラバヤの24.8万人、二位はマカッサルの22.6万人
性教育やコンドームが社会的に悪の価値観で染められているインドネシアで、避妊具としてコンドームを使う男性は家族計画プログラム参加者中3%しかいない。結果的に、年間4百万人の新生児中で14%が望まれなかった子供
ジョコウィ大統領がよく着用しているバティックの模様と同じ布の需要が激増。それを使ったさまざまな男性用女性用衣類が人気沸騰中で、バティック衣料品店でBatik Jokowiを注文すれば必ず出てくる


2017年10月18日
2017年8月鉄道乗車旅客数はジャワ島3,326万人。累計は2億5,000万人で対前年同期比10.5%増。スマトラ島の8月は53.6万人、累計452.8万人で対前年同期比17.5%増
インドネシア銀行ジャカルタ支店によれば、ジャカルタの一日当たり取引量6兆ルピアの30%が西ジャカルタ市グロドッ(Glodok)地区におけるものである由。華人系ビジネス地区として長い歴史を誇るグロドッはいまだ健在
フィリピン・タイ・カンボジアと並ぶ東南アジア四大ペドフィリア国のひとつインドネシアには年間4〜7万人の子供セックス被害者がいて、ジャワ島だけで2万1千人いる。バリ島には世界中から年間百人以上が買春に来ている、とオーストラリアの反ペドフィリアNGOの談


2017年10月17日
2017年8月航空機搭乗旅客数国内線は799.4万人、累計5,844万人で対前年同期比11.1%増。空港別累計トップはスカルノハッタ1,434万人、二位ジュアンダ517.1万人
インドネシア銀行によれば、2000年代までは全国の流通通貨量の60%がジャカルタに集中していたが、2008年以降、ジャカルタの比率は40%に低下したとのこと
ハラル製品保証催行庁が17年10月11日に発足し、ハラル申請受付を開始。ハラル審査実施者は従来通りインドネシアウラマ評議会。2019年の国内流通商品すべてハラル化に向けて、意欲的なスタート


2017年10月16日
2017年8月航空機搭乗旅客数国際線は152.0万人、累計1,105.3万人で対前年同期比14.1%増。空港別累計トップはスカルノハッタの478.9万人、二位グラライ332.7万人
新正副都知事任命式は17年10月16日16時に大統領宮で行われ、式典終了後新都知事は南ムルデカ広場通りの都庁に入る。その移動のために南ムルデカ広場通り、クブンシリ通り、タムリン通りは14時から交通規制が行われる予定
土日月三日間だけ、バニュワギ〜スラバヤ間のムティアラティムール号の運行が17年10月8日からもう一便増やされた。他の日は朝と夜の二便だが、その三日間はムティアラティムールプレミウムが昼バニュワギ⇒スラバヤ、夜スラバヤ⇒バニュワギを走る


2017年10月13日
27大観光先州における星級ホテルの2017年8月宿泊客平均滞在日数は1.97日で、外国人2.88日、イ_ア人1.78日という内訳。最長はバリの3.25日で、外国人3.27日、イ_ア人3.19日。外国人の最大連泊は東南スラウェシ5.73日、イ_ア人はバリ
国鉄エコノミー長距離列車にエコノミープレミウム列車が導入され、明るく快適な車両内で旅を楽しめるようになったが、料金は倍増。ジャカルタパサルスネン〜スラバヤグブン間のGaya Baru Malam Selatan号はJayakarta Premium号に変えられ、乗客には好評。料金は11万ルピアから23万ルピアにジャンプ
自動車専用道料金支払いカード化完全実施はもうすぐ。10月4日の現況調査では、首都圏のカード使用率は平均78%でボゴールリングロードが100%、チカンペッは最低で59%。首都圏外では平均53%でスマランが最高の78%、カンチ〜プジャガンが最低の23%


2017年10月12日
27大観光先州における星級ホテルの2017年8月客室稼働率は全国平均で58.0%。州別トップはバリ74.9%、二位ジャカルタ68.2%、三位パプア67.3%。最低は北カリマンタン31.6%、バンカブリトゥン37.1%
政府は自動車製造業界の効率向上を目指して、自動車用工業団地を設ける計画。場所はカラワンが候補の筆頭だが、地代や人件費が高ければ中部ジャワ州クンダルや東ジャワ州グルシッが代替候補
バンドン市内ハサンサディキン病院に針を呑み込んだ患者が一週間に四人も訪れた。ジルバブの着付けを直しているとき呑み込んだ女性や、遊んでいたとき咥えていたのを呑み込んだ少女などで、患者側の関連性はなく、すべて偶然


2017年10月11日
2017年8月の全国入国ポイントにおける外国人入国者数は120.4万人。当年累計797.8万人で対前年同期比は16.9%のアップ。通常入国者のポイント別累計トップはグラライの397.9万人、二位スカルノハッタ171.8万人、三位バタム96.2万人
2017年9月末の外貨準備高は1,294億米ドルで前月末から6億増加。石油ガスの輸出売上と税収および外貨借入と外貨建て中銀債競売収入がメインの要因
西ジャワ州カラワン県のいくつかの村で、それぞれ個別にオプロサン酒による死亡事故が発生。死者は13人で21歳未満の者は6人いた。手製オプロサン酒はビニール袋入りで、一袋2万5千ルピアで売られている


2017年10月10日
2017年8月の輸入総額は134.9億ドル。当年累計996.8億ドルは対前年同期比14.1%増。内訳は原材料補助材が751.2億ドル、消費物資90.7億ドル、残りは資本財。国別輸入先累計は一位から順に中国、日本、タイ、シンガポール、アメリカ、韓国
2017年9月末の国税総局税収実績は771兆ルピアで、予算1,284兆のやっと6割。政府は借入を増やすか、それとも支出予算をカットするか?
西ジャワ州インドラマユ県で離婚を嫌がる夫35歳が妻30歳を鉈で斬り殺す事件が発生。夫も鉈で自分の頭を何度も斬ったが死にきれず重体。ふたりは離婚プロセス中だった。同県の離婚件数は年間8千で、全国平均は2千


2017年10月09日
2017年8月の輸出総額は152.1億ドル。当年累計1,087.9億ドルで対前年同期比17.6%増。国別累計では1位から順に中国、アメリカ、日本、インド、シンガポール
地割れが住居内にまで起こっている西ジャワ州チアンジュル県タコカッ町ワリギンサリ村で、雨のため地割れが拡大するばかりか、新たなひび割れも増加。雨が激しいと土地が一日に1メートル動く、と村民
ボゴール植物園内でボゴール宮と植物園を隔てているグンティン池の傍に植えられていた樹齢194年のレイシの巨木が根腐れのため池の中に倒壊。2012年には樹齢92年、2015年は樹齢100年の高齢巨木の倒壊が起きている


2017年10月06日
中央統計庁発表の月次経済統計。2017年9月のインフレ率は0.13%。当年累計2.66%、YOYは3.72%。当月のインフレ率の大きいカテゴリーは教育・レク・スポーツ、衣料品。食材にデフレ
東ジャワ州スラバヤとマドゥラ島スムヌップ(Sumenep)間航空路にウィングスエアーが72席のATR機を投入して9月27日から就航開始。フライトはデイリーで一便
スマラン市が17年10月2日から市内遊覧の無料観光バスを運行。70人乗り二階バスはMuseum Mandala Bhaktiから出発し、市内の文化と歴史のスポットを2時間巡って、ガイドが説明してくれる


2017年10月05日
17年10月1日からのプレミウムガソリンとソラル軽油の小売価格は据え置き。石油国際相場が上昇中のため、プレミウムのリッター当たり実コストは小売価格より4百ルピアほど高く、政府からの補助金増額は見込めないため、プルタミナが赤字をかぶることになる
バンドン市内で1938年に建てられた文化遺産の建物De DrieKleur が改修されてバンドン市民にお目見え。国民年金貯蓄銀行がこのビルで業務する
北スマトラ州警察は6人の運転免許証偽造シンジケートを摘発し、期限切れ運転免許証10万枚を没収した。一味は期限切れ免許証カードの印字を消して書き換える方法で偽造を行っていたため、カード自体はホンモノのまま


2017年10月04日
2017年9月のインフレ率は0.13%で、調査対象82都市のうち32都市でデフレが起こった。食材のインフレ率は0.88%で、米の値上がりが大きい貢献ファクター
噴火直前状態のバリ島アグン山火口を覗きに行ったバリ人の動画がユーチューブに出ている一方、避難指示の出されていない地区からの避難民7万人超の帰宅指示も遵守されていない。牛豚などの家畜を廉く買い取りたい業者が不安を煽るホウクスを流しており、人間界は混乱の一途
ジャカルタのテキスタイル博物館で2017年9月20日から11月12日までバティックをテーマにした展示会とワークショップ開催中。プログラムは適宜変更されて行くので、スケジュールに要注意


2017年10月03日
世界経済フォーラムが発表した最新版国際競争力指数でインドネシアは137カ国中36位となり、昨年の138カ国中41位から躍進した。事業運営の障害となっているファクターは依然として腐敗行為とビューロクラシー
東ジャカルタ市のハリムプルダナクスマ空港が国軍創設記念日の空軍飛行パレード練習と本番に使われるため、17年10月1〜3日と5日の午前9〜12時は民間商業フライトがスカルノハッタ空港に移される。だが知らずにハリムへやってくるシティリンクとバティックエアーの乗客もちらほら
ロンボッ島中部ロンボッ県のスロンブラナッとクテ間の街道を通る外国人観光客の通行を阻んで持っている金品を強奪していた三人の男が県警に逮捕された。18歳・20歳・28歳のかれらは中部ロンボッ県プジュッ郡の住民


2017年10月02日
2017年8月末の外貨準備高は1,288億米ドル。また中銀8月の対米ドルルピア平均レートは13,343で0.02%の上昇率
麻薬違法薬物売人のビジネス戦略は、取扱量の10%を幼稚園〜小学校年代の子供に無料配布して、中高生になるころには旺盛な常習者に育成する手法であり、これは取締り現場で確認されていることだ、と国家麻薬庁が公表
バリ州アグン山の火山警戒警報アップに伴って、州内484カ所に設けられた避難所に入った住民は9月28日現在134,299人。危険地区指定エリア住民は6万2千人。多数の指定地区外住民が自主的に避難したが、避難所は指定地区住民のために設けたものなので地区外住民は帰宅するよう命じられ、地区外住民は安全を保証せよと行政側に要求