07月のヘッドライン


2018年07月31日
玩具は優良輸出品のひとつとされているものの、国内市場は65%が輸入品で占められ、その大半は中国製。中国製品の多くは非開港にひっそりと、しかし大量に密輸入される。商品は隣国倉庫に集められ、詰め合せられて漁船に積まれ、インドネシアの陸地に上がる
全国に拡大中の自動車専用道路網が地元の経済発展に貢献することを図って、全レストエリアでの販売品は食べ物を含めて地元産品に限定し、外国ブランドの食品等は販売させないようにせよとジョコウィ大統領が指示
南スマトラ州から中部ジャワ州に送られようとしていたイノシシ肉4.6トンがバンテン州チレゴン農業検疫館で摘発されて没収の上焼却処分。検疫証明のないイノシシ肉は牛肉などの違法マゼモノ用で、ムスリム国民から憎悪の的


2018年07月30日
2006年に0.50mWhだった国民一人当たりの電力消費量は、2011年に0.74mWhとなり、2016年はやっと0.95mWh。少量生産のためなるべく国民に使わせないという思想は電力界から去ったようだが、水道はまだまだ
中央統計庁ジャカルタ支部の貧困者調査で、18年3月の都民貧困者数は37.3万人(人口比3.57%)と報告。次回9月の調査は17年の3.78%を下回るかどうか
19歳女性に振られた37歳男性が西ジャカルタ市カプッの借室で殺虫剤250ccを飲んで自殺を決行。様子がおかしいとの女性からの通報で警官が借室を押し破り、病院に運んで生命はとりとめた。ふたりのよりは戻るだろうか?


2018年07月27日
インドネシア銀行はルピアレート安定化を目指して、2017年8月に廃止された中銀債の発行を再開する意向。外資の呼び込みと国内流動資金吸い上げのツールを増やすのが狙い
18年7月28日の皆既月食は、インドネシア西部時間午前2時半から始まって午前4時13分に終わる。21世紀最長の103分間は、インドネシア東部時間帯地域では月没に阻まれて途切れ、中部時間帯地域は日の出との競り合い
ガルーダ航空がスカイトラックスの世界ベストキャビンスタッフ賞を2018年も授賞。5年連続で同賞を受賞した航空会社は世界はじめて


2018年07月26日
中央統計庁発表18年3月の地域別貧困者人口比率は、最低がカリマンタン島の6.1%、ジャワ島は第二位の8.9%、次いでスマトラ島10.4%、スラウェシ島10.6%、バリ・ヌサトゥンガラ14.0%、マルク・パプア21.2%、全国合算は9.8%
中小零細事業納税高は2013年に4千3百億ルピアしかなかったが、その後は年々2.2⇒3.5⇒4.3⇒5.8(兆)と増加。対売上高課税率1%が半減された今、政府の次の手はゴジェッやトコペディアなどオンラインパイオニア事業に照準
首都の洪水対策活動は従来通り進められているものの、前都知事が腐心した住民の活動参加による水域へのゴミ捨て不可意識向上は置き去り。政争が文化の改革を生むことなど期待できるはずもない


2018年07月25日
預貯金保証機関が18年7月18日から9月17日までの保証対象金利率を引き上げ。一般銀行ルピア建て6.25%、外貨建て1.5%、国民貸付銀行ルピア建て8.75%
中小零細事業向け貸付高比率を最低20%にするよう指導されている銀行界も、銀行によっては高いハードル。しかし18年5月末の中銀報告では、全体で20.7%に達している由。中銀からの拍車が激しさを増すか
東部インドネシア地方は激しい干ばつ。18年7月10日時点の無降水連続日数はビマ県サペの112日を筆頭に、東ロンボッ県ジュロワル107、フローレス島レンバタ県103、バリ島ブレレン県テジャクラ102など厳しい状況


2018年07月24日
2018年5月の全国海運旅客数は174万人で累計827万人、対前年同期比33.2%増。主要港での累計数最高はマカッサルの9.4万人、二位はスラバヤの6.6万人
過去11年間にインチキあるいは不正な投資勧誘で国民が蒙った損失額は105.7兆ルピアと金融サービスオーソリティが見積もり。相変わらず口コミを簡単に信じる国民に、法的資格を確認した上で金を委託せよと警告
ジャゴラウィ自動車道がスカブミへ延長され、またボゴール〜スカブミ間鉄路が複線化される。更にスカブミ県チクンバル(Cikembar)に空港が設けられる予定。この先1〜2年でスカブミは首都圏につながる


2018年07月23日
2018年5月鉄道乗車旅客数はジャワ島3,488万人。累計は1億7,014万人で対前年同期比11.3%増。スマトラ島の5月は60.5万人、累計299万人で対前年同期比6.6%増
18年5月スラバヤ爆弾テロ事件以来、全国の州警察は30〜100人の反テロタスクフォースを編成して関係者洗い出しを進め、既に180人を逮捕し、20人を射殺。7月15日のインドラマユ県警襲撃未遂犯はJADの下部組織ジュマアアンサルッキラファのメンバーとのこと
18年7月2日から開始された都内での拡大交通制限(奇数偶数制限)はこれまで社会告知期間のため取締りは何も行われていなかった。そろそろ違反車両を制限道路から排除する動きを開始すると首都警察が表明。発表されて即従った正直者にはやるせないインドネシア文化


2018年07月20日
2018年5月航空機搭乗旅客数国内線は727.1万人、累計3,743万人で対前年同期比8.3%増。空港別累計トップはスカルノハッタ909.9万人、二位ジュアンダ321万人
18年7月17日から今年のメッカ巡礼が全国6つの空港で出発開始。サウジアラビア政府がインドネシア政府に与えた今年のクオータは22.1万人
各地の警察署長などに任じられている国家警察中級幹部4人が、種々の不始末で左遷された。本庁に無断で中国の地方警察と合作を行った者、総選挙警戒資金をつまみ食いした者、自分の店で窃盗者に暴力を振るった者、部下の婦警と不倫した者


2018年07月19日
2018年5月航空機搭乗旅客数国際線は141.3万人、累計716.4万人で対前年同期比6.6%増。空港別累計トップはスカルノハッタの314.7万人、二位グラライ223.7万人
18年7月15日2時半ごろ、ふたりの男女がインドラマユ県警本部に押し入ろうとして拒まれ、逃げた。警備要員が発砲したとき鍋爆弾が転がり落ちたが爆発せず、ふたりは捕まった。そのふたりは26歳と27歳の夫婦とのこと
インドネシアの伝統メニューのひとつグドゥッ(gudeg)の缶詰がヨーロッパに輸出された。政府とLIPIは2004年からルンダンなど伝統料理の缶詰化を促進してきたが、その成果が出つつあるとして一層注力する意向


2018年07月18日
全国34州における星級ホテルの2018年5月宿泊客平均滞在日数は1.84日で、外国人2.60日、イ_ア人1.67日という内訳。最長は西スラウェシの3.97日で、外国人0.0日、イ_ア人3.97日。外国人の最大連泊はマルク5.24日、イ_ア人は西スラウェシ
スラバヤ11月10日工大が設計した電動オートバイGesit用のリチウムイオン電池をソロ3月11日大学が生産する。プルタミナがスポンサーになり、大学が設ける学習工場での生産予定は日産1千個。3kWhの能力で70キロ走行できる由
18年7月14日夕刻、ヨグヤカルタ州スレマン県でテロリストの逮捕に向かったデンスス88に発砲して抵抗したグループ4人のうち3人は射殺され、逃げたひとりは追跡中。テロリストが近隣の民家に飛び込んで住民を人質にしようとした一幕も


2018年07月17日
全国34州における星級ホテルの2018年5月客室稼働率は全国平均で53.9%。州別トップからバリ67.8、ジャカルタ65.6、北スラウェシ65.2、最低は北マルク34.1、バンカブリトゥン35.5(数字は%)
コペラシ中小事業省2014年データでは全国のアクティブなコペラシ(協同組合)が212,570あったが、2018年データでは152,714で、大幅な減少。一方GDPシェアは16年の3.99%から17年は4.48%に上昇
ラマダン〜ルバラン期の生活基幹物資値上がりはシーズンを越えた今、軒並み下がっているが、鶏卵価格はまったく下がらず、全国的に15〜20%高いまま。農業省も確定原因がつかめていない


2018年07月16日
2018年5月国籍別入国者数累計トップはマレーシア106、次いで中国86、ティモールレステ71、シンガポール61、オーストラリア49、インド24、日本19.7、米国15、イギリス14.7、韓国14.4(数字は万人)
スンダ海峡の火山島アナクラカタウの火山活動が活発化。18年7月12日の噴煙と地震を伴う爆発は56回。その前は99回発生しているが、警戒ステータスはまだ第二級waspadaのまま。スンダ海峡渡海への影響はない
「歩行者のための歩道」意識の高まりで官民あげて歩道を塞ぐ者が目の仇にされ、トランスジャカルタバスレーンも警察が目の仇にするため、オンラインオジェッ運転者らが何十台もオートバイをバスレーンセパレータに接する車道上に駐車。「公とは支配権」意識を持つ民衆の姿か


2018年07月13日
2018年5月の空路入国者ポイント別累計トップはグラライの231.6万人、二位スカルノハッタ107.0万人、海路累計トップはバタムの69.3万人、二位タンジュンウバン16.2万人、陸路累計トップはジャヤプラ5.3万人、二位アタンブア2.6万人
パレンバン市のLRT(軽量軌道交通)料金について、6カ月間補助金付きでジャカバリン〜アスラマハジ間20kmを5千ルピア、更に空港までは1万ルピアを中央政府が提案
ボゴール県チトゥルップに住む16歳の少女が地元遊び仲間の男子8人(14〜20歳)に空き家に連れ込まれて輪姦され、極度の抑うつ症に陥って7日後に死亡。男が女を同類と見ていない社会


2018年07月12日
2018年5月の全国入国ポイントにおける外国人入国者数は120.1万人。当年累計616.6万人で対前年同期比は11.9%の増。空路入国者累計388.5万人、海路累計121.4万人、陸路累計106.8万人
モダンマーケット業界にプラスチックレジ袋使用を禁止した東カリマンタン州バリッパパン市の当該業界は一様に売上が激減。日々の売上が8%ダウンしている店もある。買物袋持参者は入るだけしか買わなくなり、袋持参を忘れた者は近隣の無料袋をくれる店に向かう
今年の中部ジャワ州ディエン高原は例年を凌ぐ寒さ。夜半から早朝にかけて低下する地表温度の最低は連日7℃〜10℃を記録し、頻繁に霜を見る日々。霜のインドネシア語はembun es(氷露)


2018年07月11日
2018年5月の輸入総額は176.4億ドル。当年累計777.7億ドルは対前年同期比24.8%増。内訳は原材料補助材が579.6億ドル、消費物資71.7億ドル、残りは資本財。国別輸入先累計は一位から順に中国、日本、タイ、シンガポール、米国
バリ島アグン山は頻繁に噴煙を噴き上げており、山腹居住民は4千4百人が避難したものの、観光客のエクソダスはほとんど見られず、ホテル業界は7〜8割の客室稼働率が維持されていて、星級ホテルの中には9割台のところもある由
2018年リー・ クアンユー世界都市賞のスペシャルメンションとしてスラバヤがハンブルグ・カザン・東京と共に選ばれた。シンガポール人材国家開発大臣はスラバヤの都市建設を学んで吸収したいと談話


2018年07月10日
2018年5月の輸出総額は161.2億ドル。当年累計749.3億ドルで対前年同期比9.7%増。国別累計では1位から順に中国、米国、日本、インド、シンガポール
2017年末外貨準備高1,302億米ドルが半期の間に1,036億米ドルまで減少。政府は輸入削減輸出増進の対処方に注力し始めた。特に、輸入制限と国産化の諸方針が打ち出される見込み
不動産セクターの2018年5月不良債権率は2.79%で、2016年8月の3.22%から低下しているものの、建設業界の不良債権率は4.97%から6.43%へと膨張している


2018年07月09日
中央統計庁発表の月次経済統計。2018年6月のインフレ率は0.59%。当年累計1.90%、YOYは3.12%。当月のインフレ率の大きいカテゴリーは運輸・通信・金融サービス、食材
2010年の爆弾テロで逮捕され、5年の服役を終えて3年前に出所していた50歳の男がパスルアンの自宅で作った低性能爆弾が幼児のいたずらで暴発し、男は残る三発を爆発させて逃亡しようとしたが、住民と警察に捕まる。警察はテロリストの新たな動きが起こっている、と推測
ランプン州が2018年8月24〜26日、第28回フェスティバルクラカタウを開催予定。その前景気に、アナクラカタウが6月25日に噴煙を1キロ上空まで噴き上げたばかり


2018年07月06日
2018年5月末の外貨準備高は1,229億米ドル。証券市場からの外資流出とルピア軟化の激化で、前月末の1,249億から更に低下。6月末の中銀ルピアレートは前月末から3.4%ダウン
ソーシャルメディアを使ったジハード過激思想宣伝に対抗するため、同じようにソーシャルメディアを使って正しいイスラム教義の説法を行うよう政府はウラマ層に呼びかけ
オンラインオジェッに乗っていた37歳の女性がひったくりの被害者となり、携帯電話を奪われまいとして座席から転落し、死亡。場所はアッマッドヤニ通りのチュンパカプティ地区


2018年07月05日
2018年東カリマンタン州バリッパパン市長規則第8号が月間432万枚を消費する市内モダンマーケットへのプラ袋全面禁止を定め、同年7月3日から施行された。それで軽減されるのは29〜43トンで、同市最終投機場に集まるゴミの7.5〜10%と見積もられている
バリ島アグン山の火山活動活発化のため、山腹居住者2,731人がカランガスムとギアニャルに避難。火口溶岩ドームには2千8百万立米の溶岩が溜まっている模様
18年6月27日23時半ごろタングラン〜ムラッ自動車道KM49の歩道橋から投石して5台の車両に被害が出た事件の犯人18歳と16歳合計5人をセラン警察が逮捕。動機はイセン


2018年07月04日
2018年Q1のGNP島別構成は、ジャワ58.7%、スマトラ21.5%、カリマンタン8.2%、スラウェシ6.0%、バリ・ヌサトゥンガラ3.0%、マルク・パプア2.5%
バリ島アグン火山が7月2日に6回噴火し、溶岩流が2キロに渡って山を下る。現在の指定危険区域は火口から4キロ。噴煙は2千m上空に達し、火山灰は火口の西から南西にかけて7キロを超えて降る
精神分裂症患者(俗称キチガイ)は恥や安全への配慮で家の中に閉じ込められているケースが多い。中には鎖でつながれている者も。2017年保健省調査で全国に6万人いる家庭内幽閉者の解放キャンペーンを保健省が強める意向


2018年07月03日
プルタマックスガソリン(RON92)が18年7月1日から値上がり。ジャワ・バリではリッター6百ルピア上がって9,500/l。全国で一番高いリアウ州はリッター9,900。プルタライトは全国据え置き
18年7月1日に閉幕したジャカルタフェアー2018は40日の開催期間中の売上が7.3兆ルピアに達し、史上最高記録を更新。17年の売上高は6.6兆ルピア
18年6月28日14時ごろ、ジャカルタ外環状自動車道KM34の歩道橋に鉱業用掘削機械を積んだ大型トレーラーが引っ掛かり、歩道橋が4メートルに渡って崩壊して通行中の他車に被害。歩道橋には高さ4.2mの制限が表示されているが、全高5mのトレーラーはゲートから容易に進入している


2018年07月02日
法人個人の中小零細事業者数は全国に6千万いるとされているが、2017年納税者総数は150万。税率を1%から0.5%に下げたことで、「下げたんだから納税せよ」のセリフが使えるようになった
フィリピン空軍がディルガンタラインドネシア社製航空機NC212iを2機購入。この機種は更にベトナムから3機、タイとセネガルから各2機受注している
タンジュンプリオッに体長3mのワニが出現し、別の日にグロゴル川にも1m超のワニが三匹出現。いずれもまだ捕まえられていない。養殖場から逃げたワニはいないそうで、飼い主が放した可能性が高い。あるいは本性を現す男たちが増えたのか?